スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『嫁はん』の呼称

『嫁はん』の呼称にも色々あって、Feminism の発展してきた現在ではどの言葉を使うか慎重に検討しなければならない。今まで敬語として立派に活躍してきた奥さん(奥様)という単語も、女は奥に引っ込んでいるものという概念を含んでいるので、使い方を誤ると失礼になる。

そういうことに一番気を使っていると思われる古い友人などは電話口で『うちの妻が・・・ ツマが・・・』と話していた。K大博士課程で差別なんかを研究している彼が、その”妻”という表現にたどり着くまでに要した道のりは想像に難くない。


それでも、己の嫁はんを相手に紹介する時は、自分と嫁はんの関係だけ考えればいいのでまだ楽だ。『愚妻』『かあちゃん』『かみさん』『女房』『うちのやつ』『俺の奥さん』で通用する。


問題なのは相手の嫁はんのことを尋ねる時だ。

目上の人に『先生の奥様もお元気にお過ごしでしょうか?』と尋ねようとして、心の中で一瞬(こいつは女性を蔑視しとるな)と思われるんではないかと身構えてしまう。

これが英語ならワイフ・パートナーという一言で住むのだがら、日本語の難しさをつくづく感じてしまう。

ちなみに恩師の『嫁』に対して使ってはいけない順に

『先生のかみさん』
『先生の女房』
『先生の嫁さん(嫁はん)』
『先生の花嫁(花をつけても駄目)』
『先生の奥様(奥さん、奥方、XXX)
『先生の愛する人(愛してない可能性が高いので)』
『先生の伴侶』

で、考えたのだが

『先生の結婚相手』というのはどうだろうか??

テーマ : 気ままな独り言 - ジャンル : ブログ

コメント

じゃあこれは?

奥様御用達の雑誌
すてきな奥様」(略してすて奥)はどうなんでしょうか?

ちなみに彼氏の意見:
自分の妻の事は「うちの嫁です」と紹介し、相手の奥様のことは「おまえの嫁はん元気?」と。

ちなみに奥様の話をするのはかなりくだけた関係の友達だけなので、問題ないそうです。あまり親しくない相手に「奥様元気ですか?」等結婚相手の話をするのは失礼だからとの事。

本人の名前で呼ぶのが一番良いと思います。英語ではそうなるけど、日本語だとまだ違和感があるかもしれませんが。でも人の名前を覚えて使うのって重要だと思います。

僕の場合”間違った結婚してしまった相手”を本人のいないところで人に話す時は女房と言います。
女房が目の前にいる時は”この人”、女房に対して家で呼びかける時は”あのー””ちょっとちょっと”、人前で女房に呼びかける時は”おーいお前”ですね。

配偶者の呼び方って人前とうちの中じゃ違うから複雑ですよね
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。