FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド旅日記その19:ニューデリーへ:砂漠からの脱出

<<前の日記
次の日記>>

2009年9月13日日曜日:ニューデリーへ移動:砂漠からの脱出

rassi.jpg
rassi2.jpg
ラッシー屋、膜の張ったラッシーが甘くて美味しい


ニューデリーへの移動を列車にするかバスにするか迷ったが、多少割高でも本数の多いバスにすることにした。


宿を10時にチェックアウトしてバス停までリキシャーで移動、とにかく暑いのでこまめにのりついでいく。この頃になるともう慣れたもので、最初は最低でも乗車毎に20ルピー払っていたところが、もはや10ルピー以上は出さなくなっていた。バス停でニューデリー行きの時間を調べると、一番よさそうな12時45分初のエアコン・デラックス車が400ルピーとある。ちょっと高いが、時間が限られているので仕方がない。ちなみに、バス停のおっさんが指差す料金表には200ルピー程度の普通車、300ルピーのデラックス、400ルピーのエアコン・デラックスときてその上にボルボ:500ルピーというのがあった。エアコン・デラックスをしのぐとはどういう差があるのか知らないがボルボ、やるじゃないか。


ニューデリーには6時か7時頃には着くらしい。また日が暮れてしまってからの宿探しになるが、同行のヤノリさんが既にニューデリーに行ったことがあるというのでかなり気が軽い。


ピンク・シティも今日が見納めということで、出発までの時間を利用して城門の中のバザールへ行く。ズボンの股が長い間破れていたので、それを縫おうとして針と糸を探してたら雑貨屋のおっちゃんが英語で話しかけてきて、訳を話すと裏通りのボタン屋まで案内してくれて、針二本と黒糸で5ルピーだと教えてくれた。ちなみにこの針は新聞紙の切れ端に刺して渡してくれた。あぶないっすよ・・・


商売抜きでここまで親切にしてくれるとは・・・感動してジーンとしていたら、私が昨日200ルピーで買ったばかりの布製カバンを指差して『これは30ルピーだね』『君のパンツは50ルピーだ』『実はこの近くに”身体障害者500人”を雇って織物や衣服・鞄を作ってる工場があって、そこに行ったら原価で買えるよ』などと教えてくれた。ほうほうと興味深く聞いていると、なぜかリキシャーを停めて、早口で値段交渉までしてくれ、その工場まで行って戻ってきて30ルピーという格安料金にしてくれた。


なんていい人なんだと私はまた感動し、”インドの身体障害者500人が働く工場”というキーワードにも惹かれ、言われるがままに車に乗り込んだ。20分後着いたのは、工場は併設してるものの完全に外国人用の服屋兼土産物屋で、中にいたオーナーらしき男は一言目に『君達が来るってXXさんから携帯に電話がありました』と満面の笑みで近づいてきた。

(・・・親切な人だと思っていたら単にコミッション狙いであったか) こんな単純なことに旅行も終盤に差し掛かってまだ手もなくやられている、インド恐るべし。結局大事な買い物時間を削られて、そのままバス停に直行、ニューデリー行きのバスに乗り込んだ。

bottleddrink.jpg
ジャイプールで見つけた瓶ジュースを売る店。日本のラムネの瓶と同じのを使っていたので、安心して飲んでいたら、その場で詰めているらしかった


ニューデリー行きのバス
エアコン・デラックスだけあって、行きにのってきたバスよりもかなり快適で、途中停まったパーキングエリアも綺麗で水洗のトイレがあった。真昼間のゴミ捨て場でインド人にウンコしている姿を間近から思いっきり見られたアグラ~ジャイプールのパーキングとはエライ違いだ。

夜の7時ごろ、ちょうど日が暮れる直前頃にインド門近くのバスターミナルに到着。ヤノリさんお勧めの『Ajay Hotel』のあるニューデリー駅前メインバザール(パハールガンジ)までリクシャーで移動。初めて行く大都市圏で彼女は既に2泊ほどしていてある程度土地勘があるので非常に心強い。とにかくインドでの移動はめちゃめちゃ体力を使うのだ。


Ajayは空き部屋がなかったので、系列の Yes Sir ホテルというところに宿泊。一泊250ルピー、さすが首都だけあってそれなりに高いが、部屋の中にトイレとシャワーがあるのでよしとしよう。夜は近くのシーク教徒のおっさんがやっているレストランでビールを飲む。Chopsy という中華風ヤキソバがエビチリ風のケチャップソースの海に沈んでいるものを食べたがあまりのまずさに頭痛がしてきた。


やばいな・・・この程度の不味さで頭痛がするなんて、ここに来て確実に体力が落ちている。2週間のインド暮らしがボディ・ブローのようにじわじわと体を蝕んでいるのがわかる。
強調文

テーマ : インド旅日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。