FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド旅日記その18:ピンクシティ

<<前の日記
次の日記>>
2009年9月12日土曜日:ジャイプール:砂漠のピンクシティ

朝、目が覚めると窓の外に砂漠特有の抜けるような青空が広がっていた。インドに来て2週間ほどになるが、この日まで毎日雨に振られていたことが嘘のようだ。宿泊した Golden Hotel の新館は一泊250ルピー(500円)のシングル。街の規模を考えると決して安くはないが、表通りから奥まったとこりにあり喧騒もなく落ち着いて休むことができた。

ピンクシティの駱駝さん
rakuda.jpg


昨夜は例のバス旅の後ぐったりと疲れきってホテルにたどり着いた。嬉しいことにヤノリさん(仮名)は約束どおり先に来ていて、インドで初めてのビールを一緒に飲みにいった。インドで酒が手に入る場所といえば、一流ホテルのバーとか、外国人の集まる宿周辺などかなり限られている。


来たばかりで土地勘がないのでリキシャーをつかまえてビールを出す店に連れていってくれというと、ちょっと離れているから50ルピーだという。まあ、仕方ないかと思って乗り込んだらほんの200メートルほど離れたところで停車した。その前のホテルの中にバーがあるのらしい。おいおい、案内してくれたのはともかくこれは高すぎるだろうと思っていたら、私よりも先に華奢な彼女が屈強なリキシャマンに猛然と抗議して10ルピー以上ビタ一文払わなかった。


ヤノリさんは柔らかい雰囲気の美人でいつもニコニコしている人だと思っていたので、ちょっと面食らっていると、実は彼女は数年前にも半年ほどかけて世界一周をしたバックパッカーでもあったらしい。その後は夜遅くまで、ウンコを生まれて初めて見られた話や、彼女がオーストラリアで車を運転中にカンガルーを轢いてしまったので仕方なく醤油で煮込んで食べた話などをして盛り上がった。この日以来、結局ヤノリさんとは彼女が帰国する15日まで行動を共にすることとなる。


というわけで、昨晩は遅くまで起きていたのでこの日の行動はゆっくり気味。ジャイプール観光に外に出たのは朝の10時近くになってからだった。まあこれが大きな間違いのもとだったのだが・・・


昨日出会ったリキシャーに一日チャーターで250ルピー(500円)ということで話をつけ、市内の有名どころを回ってもらうことにしたがとにかく暑い。カラッとはしているのでさほど不快ではないのだが猛烈な暑さが否応なく体力を奪っていく。こういう気候の場合行動するのは早朝か夕方と決まっているのだが、前日まで毎日雨に降られていたので、そんな基本的なことも忘れてしまっていた。
zou.jpg
pinkchildren.jpg




不思議な機械:ジャンタル・マンタル
なんとか気合を入れて名所のジャンタル・マンタル、シティ・パレスなどへ向かう。安宿の集まるジャイプール駅、バスターミナル周辺から市内に向かうと大きなピンク色の門が現れる。この”ピンク・シティ”ジャイプールは旧市内全てがこのピンクの城壁で囲まれており、7箇所の門が開いている。この市内ほぼ全ての建物がピンク・・・といっても赤みがかった土の色に近いが、やはり砂漠の青空とピンクの対比はとても美しい。


ジャンタル・マンタルというのは『不思議な機械』という意味で、昔のマハラジャが天文学などを研究するために作った天文台のようなものであったらしい。見上げるように高い最大の日時計は27.4メートルの高さがあり今でも2秒単位で時間を計測できるのだそうだ。

jantaru2.jpg
jantaru3.jpg
jantaru4.jpg
jantaru.jpg


シティ・パレスでは、イギリスに招かれたマハラジャが旅行先でも沐浴できるようにガンジス川の水を入れて運んだという世界一巨大な銀の甕が印象的だった。

tubo.jpg


シティ・パレスの外には初めて見る『ヘビ使い』がいて、それはもう私が子供の頃から絵本で見てきたのとまったく同じ感じでそこにいて、5ルピー払うと写真を撮らせてくれた。
(ヘビ笛吹かずとも踊りまくり)
hebitukai.jpg


その後、水の宮殿とまわったあたりで、リキシャーが故障、押しても叩いてもほとんど進まなくなった。
ちょうど良いころあいで、こちらもずいぶん疲れていたので、この先は夕方に回そうと思い、とりあえずノロノロの徐行でホテルに戻ってもらって夕方再集合ということにした。


例によって水シャワーを浴び少しリフレッシュ、日差しも緩んだ夕方に再集合するとリキシャーのおっちゃんが『夕方からは別の予約がある』と言い出した。一日借り切るという約束だったじゃないかというと、お前等は連れて行った土産物屋で買い物しないからこっちも苦しいのだと文句を言ってくる。話が違うというので半日分の額+αだけ払って別れた。


ガイドに載っていたANOKIというインドの高級アパレル店に行く。本来私はこういうのにまったく興味がないのだが、『全て手作業の木版染め工程で、3mの布を完成させるのに3万回という気の遠くなる作業が必要』という文句に興味をひかれた。


ANOKIの入る小さなビルの中は外のウンコ・牛まみれのインドとは完全に別世界で、清潔なフロアにおしゃれな家具が備えてあり、爽やかなエアコンの風がなびいて、ボトルに入った給水設備まである。
”慇懃無礼”という表現がぴったりの店員が、汚らしい私を妙に小ばかにした感じで接してきた。肝心の服や小物は、染物の技術は素晴らしいと思うのだが、デザイン的にそこまで欲しいものはなく、まあ値段もドル換算でカットソーなどのシャツ類が20ドル↑と別にお得感があるわけではなかった。

結局この日は、私の壊れた鞄の代わりを探したりして適当に買い物などして楽しく過ごした。

テーマ : インド旅日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。