スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには数字とお金のことでも話してみるか(下)

世界放浪前後:パチンコ屋でバイト。給与は過去最高の月給25万円。半年ほどかけてお金を貯めて旅に出るつもりが交通事故に遭い示談金で15万円いただいて予定より早く切り上げることができた。数ヶ月貯めたお金約40万円を片手にモスクワ行きのアエロフロートに乗る。節約に節約を重ね、半年後に帰国。総予算のうち10万円は3泊4日の北朝鮮行きツアーで消えたことを考えたら驚異的にケチ臭い旅だった。


留学時代:旅先で知り合った人に誘われ米国ワシントン州シアトルに渡る。人生初の居候生活をはじめ、ここにきてようやく3食を食べられるようになった。ビザの都合で留学生になることを選択。校内で週に20時間までの仕事が認められていたので、リサイクル&清掃部門で働く。時給7ドルスタートで約2年の間に8ドル50セントまであがった。


お仕事一社目:某日系会社~時給10ドルでプログラマのようなことをする。楽しい職場だったが、ほどなくしてアメリカ支社が解散を命ぜられた。その後元上司は移動型ペット用グルーミングサービスを始め、同僚の元弁護士のプログラマはIT業界に残ることを決めた。私はまったく違うことをしようか、このままITの道に進もうか日々悩んで過ごした。


二社目:海外日系新聞社:文章を書いて生きていたいと思ったので、直接電話をかけて面接をしてもらう。見習いの一ヶ月間(無給)を経て、採用不採用を決定するという条件だった。喜んで通っていたものの、同僚のDTPが月1200ドル、ライター月1000ドル、セールス月700ドル、経理:時給7ドル、保険無し・交通費他諸手当無しという悪条件を目の当たりにする。

一ヶ月後の面談で『うちはフルタイムで700ドルスタート(最低賃金確実に割ってますw)だけど、あなたにはそんなに払えないわね』と言われた。この新聞社とはその後も良好な関係を保ち、ボランティア記者ではあったがイチロー・松井・荒川静香さんの取材や、各種イベントを記者席から何度も参加させていただいた。


三社目:某日系IT会社:月給1800ドル。”長時間働く社員が良い社員だ”という社長の間違った思い込みから、仕事のある無しに関わらずほぼ全社員が晩の11時近くまで働くという面白い仕事場。一番忙しかった3ヶ月ほどは毎日午前1~3時(車社会なので終電がない)まで、土日もほぼ全て会社に行っていた。社長は超のつくほど短気なワンマンで、社員はみな恐怖に怯えて誰も話しかけないような状況だったので、きっとこの人は寂しいのだろうと思い気楽に話しかけたら思いきり嫌われてクビとなる。

クビになった直後、以前に発覚した私のミスから他の同僚4人に対し一ヶ月間30%の減俸が言い渡された。それを聞いてブチ切れした私は会社を訴え、当時シアトル日系社会で話題となる。些細なミスで相手からも逆に訴えられてドロ沼に。半年後に”示談”という形でXXXXXドルを手にするが、成功報酬制の弁護士に60%を持っていかれた。


四社目:マイクロソフト(契約):年4万8000ドル。契約社員だが面接で(お金は関係ありません)と言ってオファーされたのがこの額。誰でもできるようなものすごい楽な仕事を与えられ、これで月4000ドルももらえるというのが信じられなかった。またアメリカのIT業界では珍しくもないのだが、業務用大型冷蔵庫にコーラ、スプライト、7アップからオレンジジュース、牛乳にいたるまで大量に用意されていてそれが全て無料で飲み放題というのに狂喜乱舞した。このあたりで生活のレベルが確実に上がった。


五社目:米系IT会社:年5万8000ドル→年6万ドル。組み込み型携帯電話の開発や、Javaを利用したサーバーの開発などに携わる。一年後に2000ドルの昇給があったが、業績が悪化し2年で退社。住み慣れたシアトルを離れロサンゼルスに下るきっかけとなった。


六社目:米系IT会社1年目:年8万ドル ロサンゼルスに下って数社面接を受けたが芳しい返事がなく、ようやくオファーをくれたのが現在の会社。8万ドルというオファーを受けて『時給に換算したら4000円・・・こんなにももらっていいのか!』と感激、この恩に報いるべく身を粉にして働く。ところが、隣の席に座っていた同僚のFront End DeveloperのAlex君(22歳)の給料が7万5000ドルであることに驚く。

その後クーデターが起きて上司、Techinical Leadがごっそりと退社。迷った挙句私は会社に残るほうを選択した。


入社後一年:上がごっそりと抜けたことで責任がかかり、立場は人を育てるというかなんというか、Technical Leadに昇進、仕事場のエースとなった。大車輪の活躍を武器にして給与交渉でかけあうも、15%が昇給の限界だからと説明され年9万2000ドルになる。


入社後二年:この会社は人の出入りが激しく、相変わらず大量解雇があったり、プチクーデターがあったりしたが、それなりに楽しく過ごしていた。前述のAlex君(23歳)はこの頃にクビになり、『実は俺は10万4000ドルもらっていた。お前は少なすぎるぞ』と告白された。クーデターの後、部署内に一人だけ残った彼はそのことを逆手にとり会社と交渉、彼のキャリアでは考えられないくらいの好条件を引き出していた。その話を聞いて今更ながらアメリカに来たんだなぁと感慨深く思った。

また、これもAlex君からの告げ口で、私の給与が自分の部下よりも年に1万5000ドルくらい低いことを知らされショックを受ける。その年の交渉は強気で行くも、やはり日本人気質の押しの弱さか思ったほど伸びず、10万3500ドルで契約更改。こんなにもらってもいいのかと思う反面、23歳の駆け出しよりもまだ少ないということが心のどこかに引っかかる。

入社後三年

前年の給与交渉のことが会社に対する不信となる。そんな折、他社から引きぬきの話がありトントン拍子に話が決まる。仕事の開始日の話まで整ってから、退社の相談に行くとあの手この手で引き止められた。

噂には聞いていたカウンターオファーというものをいただいて、相手の提示した給料よりも少し余分に出すという。仕事場の雰囲気が好きなことと尊敬できる同僚がいたのでさんざん迷った挙句残ることにする。ついに年収12万ドル(時給6000円、一分間鼻くそをほじくっていたら100円もらえる計算)となった。



・・・ とこれが現在までの半生の大まかな流れであるが、つまらない詐欺にひっかかって人が一生かかってもらう退職金に近いくらいの借金ができたり、マイナスのことも含めたらまだまだ書きたいことは山ほどある。

今の仕事も似たようなレベルのことをインド人が私の10分の1の値段で請け負っていく。こういった額をもらえる=アメリカの中流階級でいられるのもこの先長くて5年くらいではなかろうか。その後どうするか、まだ見えていないし決めてもいない。

スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。