スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド旅日記その24:さらばインド

前の日記
2009年9月17日木曜日:インド最後の日
インド滞在の最終日、何か思い出になることをしようということでヘンナ・タトゥーを入れることにした。
このヘンナ・タトゥーといのは、ナチュラルな染料の一種で、ミソハギ科の低木の葉を乾燥させて粉末にして水に溶いたものでできている。このペーストを体に塗布することで約2週間ほどのあいだ擬似刺青体験ができるというものだ。
高価なものは両手両足に何時間もかけてびっしりと描きこんでいくが、そこまではできないので、左手上腕部のみ50ルピー(100円)でやってもらうことにした。

henna.jpg
henna2.jpg



メインバザールの街角には、ヘンナをやってくれる人はたくさんいて、私には細かい差は分からないがかなりレベルが高いように見えた。
担当してくれた24歳のお兄ちゃんは、とても真剣なまなざしで4分ほどもかけて立派な紋様を描いてくれた。彼は毎日夕方6時から晩の10時までそのあたりでタトゥーをやっているのだそうで、客は多い日で一人か二人、0人の日もあるという。そんな彼と雑談しているうちにだんだんと夜が更けてきた。どうやら今日の客は私一人だったらしい。彼が同業者の友人と笑いながら話している。手にはフリトレーのスナック菓子、定価12ルピーと書かれてある。私がまだ食べたことない種類だったので興味深くパッケージを見ていると、少しわけてくれた。『これ美味しいから気にいってるんだ、そんなに高くないからお前も買ったらいいよ』そういって彼は笑いながら去っていった。

昼間に彼がどんな仕事をしているのかは知らない。ただ、彼が住んでいるアパートの家賃は2000ルピーだと言っていた。そして今日の夜の売上は私からのたった50ルピーだ。
どうして彼は12ルピーのスナック菓子を安いと思えるのだろうか・・・ 私は何だか少し切ない気分になった。


夕方7時、ニューデリーの飛行場までプリペイドのリクシャーで行く。130ルピー也、乗合タクシーなら200ルピーが相場だが、最後は少し節約しようとあまり一般的でないこの方法を選んでみた。
ところが、街の雑踏を離れて近代的な高架道路を通ってみると、リクシャーというのがいかに非力かわかる。時速100キロ近い速度でびゅんびゅん飛ばしていく他の車に対して、こちらは贔屓目に見ても60キロが精一杯。周りを見回してみてもリクシャーなど全く走っていない。高速道路を原付走行してるようなもので、何度も事故に巻き込まれそうになって、そのたびに身の縮む思いをした。


最後くらい去りゆくインドの夜景を眺めて感傷的な気分に浸ろうと思っていたが、そんなわけでまたしてもバタバタのうちに終わってしまった。


((劇終))

この後、人民兵は香港・マカオに二泊した後、ロサンゼルスに帰国します。
(香港・マカオ編をご希望の方がいればご連絡ください。考慮します)
スポンサーサイト

テーマ : インド旅日記 - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。